歯科のレントゲンは患部を含む歯だけであるといういいところ。

歯科のレントゲンって、うまいこと歯だけがピックアップされるように撮れています。
顔全体ではなく、歯の部分が大きいのですごく説明を聞きやすいなと思いました。
どうしても患部より他に見とれてしまうこともあるので、歯科は歯科だけのレントゲンなので最適です。

そして、画像が大きいのでどんなに無知な素人でも状態を見やすいというものです。
医師だけが見ているのだけでは、返事するしかないですが、発言しやすくなるところがあるのではないでしょうか。
例えば、画像を見て本人が生え方に違和感を見たり…というようなこともあるでしょう。
歯科医師が何も言わないようであれば、こちらから気にすることもできるというわけです。
まあ、歯科でのレントゲンで素人が診れるところといえばそれぐらいなものかもしれません。

虫歯や神経までは診れないものですが、自分で歯を真近に見れるのはいいなと思います。
また、歯の外から気になるものをレントゲンで内部からも見れてしまうんです。
歯がスケルトンでもない限りできないですし、歯科でレントゲンを撮るしか見る方法もありません。
歯科に行くついでには、必ずいろんなものを「見て」帰ってきたいものです。