お灸を使った鍼治療

鍼治療を受ける場所として「鍼灸院」を思い浮かべることが多いですよね。
また、鍼灸院を選ぶことにより、鍼治療だけでなくお灸が受けられるメリットもあります。
ただし、どちらの方法を選ぶのかは個々にもよります。
鍼灸師にお任せするだけでなく、自分の希望を鍼灸師に伝えることも大切です。
また、鍼治療のなかには、お灸を使う方法があることを知っておくとよいでしょう。
こちらの方法は「灸頭鍼」と呼ばれ、鍼の頭の部分に「もぐさ」を乗せるやり方に大きな特徴があります。
もぐさに火を付けると鍼に熱が伝わるため、体を温めて「こり」をほぐすなどの働きが期待できます。
また、もぐさを肌の上に直接乗せないため、痕が付かない点でも注目されています。
ちなみに、もぐさの大きさは「そらまめ」くらいの大きさです。
ただし、灸頭鍼を受ける前には、こちらの方法を取り入れているかどうかの確認が必要になります。
なお、お灸を受けるときは、肌に直接もぐさを乗せる「直接灸」と、肌に直接乗せない「間接灸」があることを知っておきましょう。
後者では痕が残らないメリットがあるため、こちらを選ぶとよいかもしれませんね。